<< HUNTER×HUNTER再開!! | main | 手が動物に >>

スポンサーサイト

2007.12.31 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • -
  • ブックマークに追加する
  • |

マリー・アントワネット (初回生産限定版)

2007.09.01 Saturday
これも出産直前〜直後で、映画館で観られなかった映画。
自称マリー・アントワネットマニアの私としては、映画館で観られなかったのは不覚だったです・・・。無理にでも行きたかったよ。

あらすじ


オーストリア皇女マリーは、14歳にしてフランス王太子ルイ16世の元へ嫁ぐことになった。結婚生活に胸を膨らませていたが、待ち受けていたのは、上辺だけ取り繕ったベルサイユ宮殿の人々と、愛情のない夫婦生活。ルイは必要な事以外はマリーと口もきかず、同じベッドに寝ていても、指一本触れない。愛情深く育ったマリーだったが、悪意溢れる噂に傷つき、やがて贅沢なドレスやパーティーに心の安らぎを求めるようになる。


感想


とにかく綺麗!
さくらんも綺麗だったけど、こちらは正統派の綺麗だと思います。
>>さくらん 特別版

もう、観ているだけで胸がときめきましたよ!
お菓子とドレス。
お菓子とハイヒール。
お菓子とヘアサロン。
もう、女の子の夢の世界ですね。

マリー・アントワネットの、華やかだった時期に絞って映画にされているので
あまり重い気持ちにならずに観られます。
映画自体は、可愛くて華やかで目の保養になります。
お勧めです。

でも、自称マリーアントワネットマニアの私としては、ストーリーに不満が・・・。
もっと人間関係のドロドロしたものがあって、確かタリバン婦人には裏切られたりしているのにな。
マリー・アントワネットの最期までこの映画にしたら、明るい時期と暗い時期の差が凄まじくて観てられないかも・・・。
でもそれはそれで面白そう。

マリー・アントワネット (通常版)
マリー・アントワネット (通常版)キルスティン・ダンスト ジェイソン・シュワルツマン アーシア・アルジェント

おすすめ平均
stars残念
stars実際はこんな感じで生活していたのだろうな・・・・
starsエイティーズ・プロモビデオ
starsソフィアらしい、マリーアントワネットの描き方
starsヴェルサイユ=パークハイアット東京?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

2007.12.31 Monday

  • -
  • 00:11
  • -
  • -
  • ブックマークに追加する
  • |
Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
マリー・アントワネット
マリー・アントワネットの宮廷生活について調べました。
  • ベルばら大好き。
  • 2007/11/17 2:42 PM
Profile
juni どこにでもいるオタクな主婦です。
Selected entries
count